ブログトップ
マラソンをなめるな!!
東京マラソンに“K-1軍”が参戦

“K-1軍”が東京マラソン(3月22日)に参戦だ。谷川EPは24日、魔裟斗、曙、須藤元気氏の出場を明かすと「僕も出ますんで」と、自らの“出馬”まで電撃表明。日大時代にアメリカンフットボール選手として鳴らした谷川EPの“激走?”が注目される。また世界一決定Tでは魔裟斗、小比類巻、佐藤が出場権を確保しているが「日本代表としてもう1人選びたい」とし、山本優弥、長島☆自演乙☆雄一郎、日菜太を候補に挙げた。(DailySports 2009.2.25
いくら市民参加マラソンといっても魔裟斗、須藤元気はともかく、曙はありえない!!
あの巨体、あの足腰、あのスタミナでは完走などできるはずもない。
また牛蛙みたくKOされたときのように、路上でも途中で倒れこむのか?
いったいどこまで元横綱の威厳を汚し、恥をさらせば気がすむのだろうか?

この東京マラソンは、昨年、多くの芸能人や日テレアナウンサーが参加して、純粋なスポーツの大会をイベント化しすぎだという批判が一部にあった。
そもそも曙のようなK-1の試合でも1分そこそこで息が上がるような人間が、3時間も4時間も走れるわけがない。

もし曙が参加した場合の結果は次のうちのどれかだろう。
①スタート早々に膝の痛みに耐えられず自ら棄権
②最初の関門で制限時間超過で強制競技中止
③あまりの痛々しい走りに、たまらず伴走のセコンド陣がストップをかけ棄権
④途中、観客の中から司祭の姿をした謎の男が乱入、小競合いとなり、その後の遺恨はお決まりのリングで、という仕込み(笑)

マラソンを完走するのは生半可なことではない。曙には「マラソンをなめるな、そんな暇があったら格闘技の練習をしろ」と言いたい。
[PR]
by karl.helmut | 2009-02-27 23:05 | Others | Comments(0)