ブログトップ
これが実力の違い
日本、WBC2次ラウンド進出決める 韓国にコールド勝ち

第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)1次ラウンドA組第3日は7日、東京ドームで2回戦を行い、日本は14-2で韓国に7回コールド勝ちして2連勝、2次ラウンド進出を決めた.... (Nikkei.net 2009.3.7
緊迫感で観てたのも2回表まで、終わってみれば実力差通りに韓国を粉砕。
シドニー五輪から続いていた対韓戦でのイライラ感、モヤモヤ感を一蹴するコールド勝ちで2次ラウンド進出を決めてくれた。

特に解説の古田さんが今日のMVPと言ってた中島、ホームランを打った村田、城島、試合の流れを決めた初回2点タイムリーの内川と、右バッターの活躍は見事の一言。

この結果をしても韓国人たちは、
「日本に有利な大会日程だから」とか、
「東京ラウンドは日本のホームでやってるから」とか、
「主砲の李承スプがいなかったから」とか、
「コールド負けになったのは次の試合に向けて投手を温存したから」
とかいう(お約束の)言い訳をおそらく言うことだろう。

これ以上グダグダ言わせないためにも東京ラウンド連勝は必須。
3/9の1位決定試合も返り討ちでいきましょ。
[PR]
by karl.helmut | 2009-03-07 23:26 | Sports | Comments(0)