ブログトップ
早くも大コケの予感
今後に期待!?小林麻耶アナ、厳しいスタート

30日にスタートしたTBSの報道番組「総力報道! THE NEWS」の初回の視聴率が5.9%(午後5時50分~)、7.1%(同6時45分~7時50分、いずれも関東地区、ビデオリサーチ調べ)だったことが31日、分かった。TBSを退社しフリーになった小林麻耶アナ(29)を看板に船出したが、6時台にニュース番組を放映している民放4局の中では一番低い数字に。7時台では「NHKニュース7」が17%を記録し、約10ポイント差をつけられるなど、苦しい立ち上がりとなった。月曜7時はこれまで「関口宏の東京フレンドパーク」が放映され、12%前後の数字を出していた... (Sponichi Annex 2009.3.31
これは間違いなく半年で大きく構成が変わるか、1年で打ち切りもしくはリニューアルだろう。今回の番組改編で「TBSが変わる、TBSを変える」と大々的にPRしていた一つの柱が、早くも大コケの予感。

そもそもゴールデンにかかる時間帯で、NHKが30分でやるニュースを2時間かけてやる理由がわからない。TBSはいったいどういう視聴者の動向を分析したらこのような結論に至るのだろうか?

おまけに、かっては「報道のTBS」とも言われた局が、これまで現場取材はおろか、ニュースすらまともに読んだことがない小林麻耶をキャスターに起用するに至っては常人の理解を超えている。事前の番宣CMでも"小林アナ奮闘"みたいなものを見せられて、「こんなレベルで報道番組やるのか?」と思う人はいても、期待する人などまずいないだろう。あんなものが番組宣伝になると本気で思っているTBSのセンスも疑ってしまう。

日テレで「NEWS ZERO」やってる妹の小林麻央と比べると、これまでは局アナの看板の分だけ小林麻耶のほうがまだ上に見られていたのだが、同じフリーになってこれでは評価は逆になってしまうかもしれない。
[PR]
by karl.helmut | 2009-03-31 23:13 | Others | Comments(0)