ブログトップ
これはいかんだろ
羽柴秀吉さんが〝ミサイル基地〟設置

「テポドン2号が飛んできたら迎撃する」。派手な選挙パフォーマンスで知られる青森県五所川原市の会社社長、羽柴秀吉さんが私有地に建設した“ミサイル基地”から北の空をにらみつけた = 写真・ロイター。“ミサイル”は全部で14基。3500万円をかけて設置したという。(Sankei.jp 2009.4.4
b0024824_20425028.jpg夕張市長選挙以来、久々のマスコミ登場は、さながら「平成の秀吉朝鮮征伐」。

見るからにまるでウルトラ警備隊のミサイル。昭和の円谷プロ的な雰囲気がなんともいえないが、こんなもんいったいどこから購入できるのか?
それより、いくら私有地だとしても、国内じゃ武器等製造法違反か火薬類取締法違反だろ?

平和ボケしている社民党やサヨク市民団体に比べればこの人の愛国心には一応敬意を表するが、付近に住んでる人からしたら、北朝鮮のミサイルが落ちてくる可能性よりこのミサイルが間違って誤爆しないか、そっちのほうが心配だろう。
[PR]
by karl.helmut | 2009-04-04 21:18 | News | Comments(0)