ブログトップ
散々煽って今さら言うか?
「屋外でのマスク着用は不要」=他人への感染防止が目的-厚労省

新型インフルエンザの感染拡大で品切れ状態になっているマスクについて、厚生労働省新型インフルエンザ対策推進室の難波吉雄室長が21日、記者会見し、本来の使用目的は予防ではなく、他人にうつさないことだとした上で、「人込みの少ない屋外などで着用する必要はない」と述べた。難波室長は「マスクは感染者のウイルス飛散を防ぐためのもの。せきが出るようだったら使用してほしい」と強調。予防目的の購入に注意を促した。(jiji.com 2009.5.21
国も自治体もマスコミも、これまでさんざん国民に向けて過剰反応をしておきながら、何を今になって言っているのか?

石原都知事も言っているように、感染したという人の情報を逐一こうやって深夜問わず会見報告している国など日本ぐらいなものだし、その都度マスコミも東京初だの、埼玉県初だのとにかく煽りすぎ。

マスクにしても、マスコミはとにかくマスクをしてる人の映像ばかり映すものだから、集団行動が好きな日本人はみんな右に倣えで過剰反応してしまう。接客業の社員がマスクをするのは当たり前にしても、一般の人の使用は、風邪をひいた人が他人にうつさないための使用がまず基本だということはわかりきっていること。だったらまずそれを国民に向けて最初から言っとけという感じ。

こうマスクする人が増えると、電車の中でもマスクしてる若い女性を見ると、勝手に脳内補間でみんな美人に見えてしまうので困ってしまう(笑)。
[PR]
by karl.helmut | 2009-05-22 23:16 | News | Comments(1)
Commented by チャボ at 2009-05-23 07:22 x
騒ぎすぎというのは同意するが、この機に乗じてスタンドプレーしか考えていないマスゾエが一番のガン。