ブログトップ
さすが金だけはありそう
衆院選候補318人を発表 = 幸福実現党

宗教法人「幸福の科学」を支持母体とする政治団体「幸福実現党」は5日、次期衆院選の候補者318人を発表した。内訳は小選挙区280人、比例代表38人。同党は全300小選挙区で候補を立てる方針で、残る20選挙区についても随時発表するとしている。同党はまた、党首を饗庭直道氏から大川きょう子氏に交代したと発表した。大川氏は「幸福の科学」の大川隆法総裁の妻。(jiji.com 2009.6.5
全選挙区擁立とは、思っていたより本気のようだ。
さすが資金力だけは潤沢にありそう。
一緒に発表された政党公約を見ると自民党よりも保守色が強い政策を掲げている。

ただ、これが比例区が一つの参院選ならまだ1議席獲得の可能性も全くゼロではないかもしれないが、全国11ブロックに分かれている衆院戦では議席獲得は厳しいだろう。
万が一、議席が獲得できたら、劣勢の自民党と組んで新たな"自幸連立"したりして(笑)。

選挙戦に入ったらあの原田真二が応援団として出てきそうで、実はそっちのほうが個人的には密かに楽しみにしている。
[PR]
by karl.helmut | 2009-06-06 22:44 | News | Comments(0)