ブログトップ
三沢光晴死す
プロレスラー三沢光晴さん死亡=試合中、頭を打つ-広島

13日午後8時35分ごろ、広島市中区基町の広島県立総合体育館(グリーンアリーナ)で開かれていたプロレスリング・ノア広島大会で、レスラーの三沢光晴さん(46)が投げられた後、意識不明となった。三沢さんは病院に運ばれたが、午後10時10分に死亡した。広島中央署によると、三沢さんは午後8時すぎから始まったタッグマッチに出場し、約30分後にバックドロップで投げられ頭を打った後、意識がなくなったという。同署やホームページによると、三沢さんはプロレス興行会社「プロレスリング・ノア」の社長兼レスラー。埼玉県越谷市出身で、2000年7月にノアを創設した... (jiji.com 2009.6.14
b0024824_2294922.gif脳みそが筋肉でできているような連中ばかりの世界にあって、数少ない常識と人望を持っていた三沢選手が試合中の事故で急死。

昨日飲んで帰ってたまたま見たスポーツうるぐすの速報で知ったもののそのまま爆睡。一夜明けて事実を確認してもまだ信じられなかった。

総合格闘技ブームに押されて衰退するプロレス界の大きな砦が落ちたような感じ。三沢選手の死が日本プロレス界の死にならないことを祈るばかりである。
[PR]
by karl.helmut | 2009-06-14 22:43 | Sports | Comments(0)