ブログトップ
もう何でもアリ
衆院選出馬要請に東国原知事「自民総裁候補にするなら」

自民党の古賀選挙対策委員長は23日、宮崎県庁に東国原英夫知事を訪ね、次期衆院選に同党公認での出馬を要請、知事は選挙後の党総裁就任を条件に掲げ、話し合いはつかなかった。「知事の情熱、今の自民党にない新しいエネルギーがほしい」と口説く古賀氏に、知事は「私を次期総裁候補として戦う覚悟があるか」と尋ねた。全国知事会作成の地方分権の提言を政権公約(マニフェスト)に盛り込むことも求めた。古賀氏は「お聞きした」と答えるにとどめた... (Yomiuri Online 2009.6.23
自民党も単に人気頼みでこんな人間にすがるとは既に恥も外聞も無い。
東国原さんとしては無理を承知での反応だが、本人が国政に出たい意欲だけはありありと見えている。

それにしても党の広告塔としての出馬要請に対して、足元を見られた格好の自民党。
舐められた自民党がどう回答するのか楽しみだが、けっこう総務大臣あたりの閣僚での入閣条件でお互い手を握りそうな感じもある。もしかすると掟破りの総総(総理総裁)分離であっさり総裁の椅子を渡すことも。。。追い詰められた自民党は、この先なにをするかわからない。

一般選挙民の思い......
「何か勘違いして天狗になっている宮崎のセールスマンでしかない男と、裏と密室で生きてきた古い自民党の生き残り政治屋が何やってんだ。政治を何でもありのプロレス化すんなよ」
[PR]
by karl.helmut | 2009-06-23 22:28 | News | Comments(1)
Commented by oo_bag_year at 2009-06-23 22:30
初めまして!
遊びに来ました!
これからヨロシクお願いしま~す<m(__)m>