ブログトップ
クラシックとかジャズの名盤ならいざしらず
みゆき9万4500円ガラス製CD8作品発売

歌手中島みゆき(57)が、1枚9万4500円のガラス製CD、8作品を同時に発売することが27日、分かった。00年以降に発売した「短編集」「心守歌-こもりうた」「ララバイSINGER」などアルバム8作品が、究極の高音質CDとしてよみがえる。これまで、ガラス製CDはクラシック、ジャズでは発売されているが、Jポップでは初めて。1枚の値段としても、Jポップ史上最高価格となる。通常のCDは基盤がポリカーボネート(プラスチックの一種)だが、今回のCDはカメラなどの高級レンズに使用されている超精度光学用ガラスを使用。再生する際、レーザーが反射する部分(裏側)もアルミではなく、純金が使用されている。マスタリングスタジオで完成した音を、限りなく忠実に再現できるのが特徴。制作過程は手作りで、1日に製造できるのは十数枚だという。重さは通常の2倍の33グラム。強度も高く傷にも強いという...(NikkanSports 2009.7.28
9万4500円×8枚 = 75万6000円 
こんな高額じゃ、傷ついたりするのが怖くて使えないだろう。

ファンからの高音質を求める声が高まり、

いったいどんなファン層なんだ?
このCDを買うのなら、まずそれに見合うような
オーディオケーブル(純金製)を変えて
アンプを変えて
プレーヤーを変えて
スピーカーを変えて
トランスを変えて
部屋の壁、天井、床の建材を変えなきゃ意味がない。

もとよりiPodでMP3ばかり聴いている人には全く関係ない。

というか、これを買う人はおそらくインテリアとして飾るのがほとんどだろう。
なんか、嫌な商魂にしか思えない。
[PR]
by karl.helmut | 2009-07-28 21:52 | Others | Comments(0)