ブログトップ
これは歓迎
アマゾン、書籍の配送料無料に 購入額にかかわらず

インターネット通販大手のアマゾンジャパン(東京・渋谷)は11日、書籍の配送料を購入金額にかかわらず無料にした。従来は金額が1500円未満の場合は300円の配送料が必要だった。無料にすることで、利用者の増加を狙う。送料無料の対象は本、コミック、洋書で、雑誌や古本は対象外。無料は11月上旬までの期間限定だが、利用者の反応を見ながら、期間延長も検討するという。書籍の配送無料は楽天ブックスが2月に始めている。(Nikkei.net 2009.9.12
多くの企業で業績悪化の影響もあっていろいろとサービスの低下が増えている中、これはおおいに歓迎である。

個人的にも楽天ブックスの送料無料が始まってからは小額購入の場合は専ら楽天ブックスを利用していたが、この無料キャンペーンがずっと続くようなら、やっぱり取り扱い書籍数の多いAmazonに回帰しそうな感じ。楽天ブックスの送料無料化は、それだけAmazonの売り上げに影響していたということだろう。

もっとも、Amazonは日本に税金払ってないんだから、これくらい日本のユーザにサービスしてもバチは当たらないハズ。

さて、これで bk1、セブンアンドワイなどはどう出る?
[PR]
by karl.helmut | 2009-09-12 23:32 | Others | Comments(0)