ブログトップ
自民イマダ反省ナシ
「党再生会議」で麻生総裁への「恨み節」

自民党は15日、衆院選の敗因を分析する「党再生会議」を党本部で開き、落選議員から意見聴取した。都内のホテルで華々しく両院議員総会を開いた民主党とは対照的に、聞こえてくるのは麻生太郎総裁ら執行部への批判や党の将来への悲観論など「恨み節」ばかり。党の再生論以前に、切実な生活不安を訴える声が相次いだ...(Sanspo.com 2009.9.15
落選議員だから恨み節も口に出るのだろうが、なぜ自民党が壊滅的敗北を喫したのかという分析や総括などは全く聞こえてこない。
反省なきところに再生なし。そんな基本的なことすらわかっていない。

明日告示の総裁選挙も、旧態依然の派閥単位の動きは相変わらず。森や古賀といった古いドン達もまだ暗躍しているようである。ハニー谷垣の出馬など何ら新鮮味もないし、世代交代を謳っている若手の河野太郎票を分断するためのダミー候補、西村康稔(誰だ? コイツは?)を派閥丸抱えで擁立するようなミエミエの茶番、工作を見ると、本当に懲りていない自民党の姿しか見えてこない。

必然の世代交代すら公然と潰そうとする変わらない自民党の体質。それでまだ通用すると思っているなら、全く国民はなめられたもんである。

それにしても、落選議員の落ちぶれざまも哀れさ(と笑い)を誘う。

萩原誠司氏(岡山2区)が「何か仕事が欲しい」と訴えると、場内には寂しい笑いが漏れ、沈うつな空気へと変わった。

一瞬、なんで民主党の前原さんの名前があるのかと思った。
よくよく見ると"萩"原誠司だった(笑)。
鳩山さんのソックリさん芸人が早くも露出しているように、仕事がないなら、アンタも"前原誠司"の影武者として売り出すことをぜひオススメする。
[PR]
by karl.helmut | 2009-09-17 23:31 | News | Comments(0)