ブログトップ
別にいいじゃん
【大相撲】高砂親方が理事長に謝罪 朝青龍のガッツポーズ

優勝した朝青龍が土俵上でガッツポーズをしたことについて、師匠の高砂親方(元大関朝潮)は打ち出し後に武蔵川理事長(元横綱三重ノ海)に謝罪した。高砂親方は「すでに本人には話している。また部屋に帰ってきちんと話をします。理事長には『申し訳ありませんでした』といった」と説明した。また朝青龍は東京都内のホテルでの打ち上げパーティー後、「やってしまってすみません。うれしくてやっちゃいました」と弁解した。(Sankei.jp 2009.9.27
相撲協会の幹部連中や横綱審議委員会の年寄り連中以外で、あの朝青龍のガッツポーズを見て不快に思った人間が一体どれだけいるのだろうか?
優勝を決めた勝負でのガッツポーズの何が悪いのか?
相撲は日本古来の相撲道だから? 神事の流れを汲んでいるから?
だったら外国人力士を受け入れていること自体がおかしいし、もし朝青龍のガッツポーズが悪いのなら高見盛のオーバーアクションの気合入れはどうなのか。

おまけに高砂親方にしても、理事長に謝罪するくらいならまず公の場で朝青龍を叱るほうが先だろう。上の機嫌ばかり気にして、まともに弟子の指導もできない本当に情けない師匠である。

個人的には、根暗なイメージの白鵬よりは素直に感情が出る朝青龍の方がよっぽどいい。

まぁ、朝青龍としては、何度注意されてもわかっていてわざとやってるに違いない。
だってあいつは悪のファン太郎なんだから。。。
[PR]
by karl.helmut | 2009-09-27 23:17 | Sports | Comments(0)