ブログトップ
(ここまでは)予想どおり
菊池投手、日本球界でプレー = 花巻東の豪腕、メジャー封印

日米どちらの球界に進むか注目されていた花巻東高校(岩手県花巻市)の本格派左腕、菊池雄星投手(18)が25日、日本のプロ野球を目指すことを表明した。150キロを超える快速球を投げ、今年春夏の甲子園大会を沸かせた菊池投手は米大リーグ入りの志望も強く、先に国内12球団とメジャー8球団のスカウトらと面談。前日両親と相談した上で最終的に決断したという。菊池投手は大リーグについて「ひとまず封印し、日本一の投手になってから挑戦したい」と話した...(jiji.com 2009.10.25
会見後の涙目の裏には、現時点でのメジャー行きの夢を周りに断念させられたというような内実があるのだろう。

ただ、確かに左だし、今年のドラフトの目玉だというのはわかるが、メジャーも交えてこれほど騒ぐほどの選手なのだろうか?
高卒ドラ1左腕で言うと、どうしても河内(広島)、川口(オリックス)、辻内(巨人)あたりとダブってしまう。

「ひとまず封印し、日本一の投手になってから挑戦したい」

日本のプロ野球で活躍出来るのは当たり前みたいな言い方になんか違和感を感じる。

まあ、松坂とか田中みたいに1年目から即戦力になるとは思わないが、できれば横浜あたりに入ってその実力を見せてほしいものである。
[PR]
by karl.helmut | 2009-10-25 23:20 | Sports | Comments(0)