ブログトップ
松井にエンゼルスの赤は似合わない
エンゼルス 松井秀獲り本格始動!

ヤンキースからFAとなった松井秀喜外野手(35)の獲得を目指すエンゼルスが9日(日本時間10日)、本格的に動きだした。ウインターミーティング3日目に会見したエ軍のソーシア監督は、FA外野手のベイ争奪戦から撤退を示唆。今後は補強については松井へとシフト。外野手としても評価する従来の姿勢を強調した。前日に動きを加速させたホワイトソックスに負けじと、“本命”が本腰を入れてきた... (Sanspo.com 2009.12.11)
同じ赤でも、ちょっと前にレッドソックスの話が出た時はそれほど気にはならなかったが、今回のエンゼルスの場合は現実味があるだけに何気に心配である。

ユニフォームというものは、見慣れたらそれなりに似合って見えるようになるとはいうものの、松井には暖色系のユニフォームは似合わない。
赤や黄色、緑の帽子をかぶった松井はなんか違和感がある。

それを証明するかのように、ちょうど今、キリンFireのCMが放映されている。

b0024824_1521686.jpg
ピンストライプのユニフォームの印象が強いだけに、なんかしっくりこない。

還暦祝いを連想してしまうのは俺だけだろうか?

いずれ来季のチームが決まるだろうが、ユニフォーム的に言うとやはりヤンキース残留がベスト。ホワイトソックスならまだ許せる。
松井の性格からしても、明るく開放的な雰囲気の西海岸より、地味な中部や東海岸のチームの方がキャラ的に合っている。

フィールドを駆ける赤いゴジラだけは絶対に見たくない。
[PR]
by karl.helmut | 2009-12-11 23:34 | Sports | Comments(0)