ブログトップ
カーリングブーム再熱の予感
五輪 = 女子カーリング、日本が英国を下し2勝目

バンクーバー五輪は19日、女子カーリングの1次リーグの試合を行い、日本は英国を11-4で下し、通算2勝2敗とした。この結果、カナダとスウェーデンが4戦全勝で1位、試合数が1つ多い中国と英国が3勝2敗で2位とし、日本はドイツと並び5位につけている。カーリングは1次リーグで各9試合を行い、上位4チームが準決勝へ進出する。(REUTERS 2010.2.20
第9エンド、目黒のショットの時の解説小林さんの雄たけび。

「よぉーしっ、よぉしっ、よぉーしっ、よぉーしっ、よしっ、よぉーしっ、よぉーしっ・・・・・」

あの水泳の高橋繁浩さんの解説をもほうふつさせる久々の感情移入解説。
解説の立場ほっといて観客と同化し過ぎ!!

本橋だの何だのって、カーリング人気が上がっている背景もあって、テレビのほうもカーリングの試合は全てライブ中継するし、ベストセレクションやダイジェストでも取り上げられ方はハンパじゃない。日本選手もそれを意識してか、みんな髪形、化粧はバッチシ。まるでチーム専任のメイクでもついているかのような感じ。採点競技でもあるまいし、化粧気のない中国選手が変に目立ってしまうところが何だかおかしい。

それにしても、このチームの愛称「クリスタルジャパン」はちょっとねぇ。。。
「クリスタル・・」というと、どうもアダルトビデオ系のあっちのほうを連想してしまう。

えっ、俺だけですか? そうですか。


- 追記 - (2010.2.21)
カー娘絶叫名解説の小林宏さん人気急上昇

バンクーバー五輪カーリング女子の奮闘とともに、テレビ中継で解説をしている小林宏氏(62)の「名解説」が人気急上昇している。冷静で分かりやすい説明をする一方で、勝負時には「イエーーース!」と連発。涙すら浮かべる熱さもウケている。20日の英国戦。目黒のスーパーショットが決まった瞬間、生中継のテレビからは小林氏の「よし、よおし! よーーっし!」「すごい! パーフェクト!」のシャウトが何度も響いた。「我々もチームジャパンの一員ですから」との名ぜりふもさく裂。アナウンサーが「小林さんの目には涙が浮かんでいます」と指摘した熱さだった... (NikkanSports 2010.2.21
なんか巷でももう話題のようです。
[PR]
by karl.helmut | 2010-02-20 22:23 | Sports | Comments(0)