ブログトップ
今は噂の域
Acquiring Fujitsu notebook business fastest way for Acer to surpass HP, say watchers

An acquisition would be the fastest way for Acer to surpass Hewlett-Packard (HP) in terms of global notebook shipments, since Acer will need to see more than 40% on-year growth in 2010 to achieve its goal, according to market watchers.
Acer shipped about 31 million notebooks in 2009, up 32% on year for an 18% market share, while HP shipped about 37 million units. In 2010, with HP's estimated shipments of 42-45 million units, Acer will to achieve an up to 45.2% growth to become the number one vendor.
Market watchers believe Japan-based Fujitsu's notebook business will be the best target since the company has strong sales in both Western Europe and Japan and would help boost Acer's shipments in 2010 if it acquired the division. Fujitsu shipped about three million notebooks in 2009. (Digitimes.com 2010..3.1
ー概訳ー
「業界筋によると、エイサーがHPを凌ぐために最も手っ取り早い方法として富士通のノートブックビジネスの取得(買収)に意欲を示している」

市場専門家によると、エイサーが全世界のノートパソコン出荷でHP(ヒューレット・パッカード)を凌ぐという目的を2010年に果たすためには年の40%以上の成長をする必要があるので、(これが)最も速い方法だろう。

エイサーは、2009年に約3100万台のノートを出荷したが(前年比32%増でマーケットシェア18%)、世界シェア1位で、2010年の販売目標を4200~4500万台に設定しているHP(2009年の出荷台数は約3700万台)を抜いてトップになるためには、前年より45.2%上回る成長を遂げる必要がある。

市場専門家は、2010年にエイサーの出荷台数を上げるためには、欧州と日本の両方に好調な売れ行きを持っていて、日本を拠点とする富士通のノートビジネスを買収することが最も良い目標だと信じている。 富士通は、2009年に約300万台のノートを出荷している。
------------------

まったくのとばし記事でもなさそうな感じで、ちょっと気になる。
ただ、仮にこの記事の内容が外れたとしても、いずれ日本のマーケットも外資系PCメーカーのシェアが50%を超える日が来るような気がする。

個人的には富士通のノートPCの製品コンセプト、ラインナップ自体は悪くないし、海外でもある程度通用すると思っている。
国産ブランドよ、意地をみせろ。
[PR]
by karl.helmut | 2010-03-02 22:47 | Others | Comments(0)