ブログトップ
はなっからキャスティングボート狙い
現役首長らが新党「日本創新党」を結成

山田宏東京都杉並区長と中田宏前横浜市長らは18日、都内で記者会見し、首長や首長経験者らによる新党「日本創新党」の結成を発表した。党首は山田氏、代表幹事には中田氏がそれぞれ就任した。山田氏は参院選について、「10人以上を選挙区、比例選に擁立し、5議席以上確保したい」と表明した。参院選後は「参院でキャスチングボートを握りたい。最優先すべき課題を明示し、(他党との)会派結成も視野に入れる」と語った。自らや中田氏の出馬については、明言を避けた。政策面では、「経済成長と小さな政府実現による経済、財政の再建」や「道州制導入」などを掲げた... (YomiuriOnline 2010.4.18
はっきり言って政党名がダサイ。
英語表記だと「Japan Creative Party」とでもなるのだろうか。
まだ元となった首長たちの政策グループの名前である「日本志民会議」をそのまま政党名にしたほうが、既成政党と違うイメージがあって良かったと思うのだが。。。

この人たちはまず地方分権が錦の御旗で、明確な外交や福祉、経済ビジョンは不明。というか、なんだかんだ言っても、地方分権を進めるためのキャスティングボートになると公言しているし、彼らにとっては、実際それさえできれば御の字なのではないだろうか。

党の方向性が似ている「みんなの党」にとっては目の上のタンコブになりそうだが、民主党にとっては支持が逃げた票を代わりにすくってもらえばいいわけで、もともと地方分権には反対でない政権与党としては、参議院選挙後にあっさりこの党と連立して帳尻を合わせそうな気さえする。

とうことで、この党は民主党とは相いれないとか言っているが、最終的には民主党の補完政党ということに認定。
[PR]
by karl.helmut | 2010-04-18 22:53 | News | Comments(0)