ブログトップ
田中、金丸と同じ晩年を過ごすことになるのか
検察審、小沢幹事長「起訴相当」と議決

小沢一郎・民主党幹事長(67)の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件で、東京第5検察審査会は27日、同法違反容疑で刑事告発され、東京地検特捜部が不起訴(嫌疑不十分)とした小沢氏について「起訴相当」とする議決をした。小沢氏は幹事長を続ける意向を表明したが、政府・与党から自発的な辞任を求める声も上がっており、夏の参院選を控えて進退が焦点になるのは確実だ。特捜部は3か月をめどに再捜査を行い、改めて処分を判断するが、再び不起訴にしても審査会が再度起訴すべきだと議決すれば、小沢氏は強制的に起訴されることになる... (YomiuriOnline 2010.4.27
もうここまで来たら仮に鳩山さんが小沢さんを更迭しても、それほど民主党にとっては効果はないだろう。

小沢さん、もう幹事長辞職くらいじゃ世間は納得しない。
思い切って自ら民主党を離党、そして「新党汚職」を立ち上げだ。
石川知裕衆院議員と小林千代美衆院議員も合流するぞ。
そして悪の第三極を形成して参院選挙後に政界再編だ。
[PR]
by karl.helmut | 2010-04-27 23:33 | News | Comments(0)