ブログトップ
手段と目的が入れ替っていませんか?
楽天:社内公用語を英語に 1~3月期は過去最高益

楽天の三木谷浩史社長は13日、社内の公用語を英語にしたことを明らかにした。経営会議から始め、一般業務の会議も英語にしつつある。三木谷社長は「サービス会社で世界で成功した会社があまりないのは、英語が話せないことが問題ではないか。コミュニケーションを英語にすることで本社を国際化する」と説明した... (Mainichi.jp 2010.5.13
社内にどれだけ外国人がいる環境なんでしょうか?
ほとんど日本人しかいない環境でわざわざ英語を使うなんてどう考えても非効率だし、英語がよくわかってない日本人同士で無理に英語を使ったところで、英語力が高まるわけもない。

もちろん英語力は重要ではあるが、「コミュニケーションを英語にすることが国際化に通じる」なんて単純な発想こそがアホな経営者が陥りやすいところ。
もし経営者として本当に社内で英語を定着させたければ、「日本語でなく英語を使え」と強制するより「英語ができる人は給料を上げる」という施策を打つほうがまだマシであって、まず形から入るという施策は典型的な日本企業の悪癖である。

まぁ客観的に見て、社内英語化の前にまず日本語のビジネス会話を社員全員がちゃんとできるようにさせることのほうが先決だと思いますが.....

そんなことより、会社として英語化を追及するなら、楽天銀行を元のイーバンクの名称に戻してほしい。
一ユーザとして、楽天銀行とかいうダサい和風の名称は勘弁してほしい。

えっ、話が変わっちゃってますか?
[PR]
by karl.helmut | 2010-05-19 23:31 | Others | Comments(0)