ブログトップ
早くも関心は2014年?
“ポスト岡田”にベンゲル氏浮上…英紙報道

日本代表の監督候補にアーセナルのアーセン・ベンゲル監督(60)が浮上したと5日付の英紙デーリー・スターが報じた。11年6月までクラブと契約が残る同監督に対し、日本協会が同年1月から招へいに動くという。日本代表の岡田監督はW杯南アフリカ大会後の退任を明言。そのため記事ではW杯後に暫定監督が就任し、来年1月のアジア杯を指揮すると伝えた... (Sponichi.Annex 2010.6.6
ベンゲルはアーセナルでもう5シーズン優勝を逃してるし、はっきり言って旬が過ぎたというか、待望感も以前ほどのものはない。まだ川淵さんの威光がまだ残っているとしたら、可能性が全くないわけでもなさそうだが、もっともその場合、アーセナルとの契約がある1月までの半年間だけ繋ぎでやってくれる人は誰になるのか???
でも今回も、W杯後恒例の「ベンゲル幻の就任説」で終わることでしょう。

オフト
ファルカン
(加茂)岡田
トルシエ
ジーコ
(オフト)岡田

確かに最近の、欧州人→南米人→日本人という順番からすると次は欧州人監督の番かもしれない。

日本協会が掲げている「日本人監督でW杯本大会で勝利する」という悲願は、果たしていつ成就されるのだろうか。

おっと、南アフリカ大会はまだ終わってなかったんだったな。
[PR]
by karl.helmut | 2010-06-06 23:46 | Sports | Comments(0)