ブログトップ
失笑しかない
中国、独自に「孔子平和賞」創設 ノーベル平和賞に対抗

AP通信などによると、中国の獄中の民主活動家、劉暁波(リウ・シアオポー)氏に対するノーベル平和賞の授賞式が10日に行われるのを前に、北京の大学教授らが中国独自の「孔子平和賞」を創設し、9日に台湾の連戦・元副総統に贈った。連氏側は授賞を関知していないとしており、授賞式では1人の少女が賞を受け取った。中国は、劉氏へのノーベル平和賞授賞に強く反発しており、独自の平和賞はこれに対抗する動きとみられる。選考委員会の代表を務める北京師範大学の研究者は、賞への中国政府の関与を否定しているが、中国文化省の後押しを受けているとの報道もある。連戦氏への授賞は、中台関係の改善を進めたのが理由とされるが、連戦氏側は「いっさい知らない」としている... (Asahi.com 2010.12.9
さすがは中華思想の国、世界の期待を裏切らないバカさ加減炸裂。
個人的には東スポのプロレス大賞のほうがまだ権威を感じます。

中共に対する貢献度が受賞の判断となるなら、来年あたりは仙谷由人さんの受賞もありそうです(笑)。

まぁ、こういう分かりやすい賞は却っていい。
初代受賞者に選ばれた台湾の連戦・中国国民党名誉主席も受賞を拒絶したらしいが、この孔子平和賞をリトマス紙代わりにして、これを拒否した人を逆にノーベル平和賞候補にしていけば選考上間違いはない。
[PR]
by karl.helmut | 2010-12-09 22:33 | News | Comments(0)