ブログトップ
DQNが暴れる前にオレが暴れる
AKB48アカペラ熱唱、壇上ダイブ―熊本・阿蘇市の成人式に「荒れる市長」

最近の「荒れる成人式」はいまひとつ盛り上がらない。そんななか、番組が目を付けたのは、新成人ではなくもっと大人――熊本は阿蘇市の佐藤義興市長だった。成人式でAKB48の曲をアカペラで熱唱し、歌い終えると壇上からダイブするなどして、ちょっとした話題の人となった。(中略)
就任6年目の市長は、これまの成人式でも必ず若者と共有できる歌――EXILE、羞恥心、コブクロなど――を歌ってきたという。来たる卒業式の挨拶では、嵐の「果てない空」を歌うために練習中だそうで、どうやら式典をカラオケバーがわりに利用してるらしい。 それにしても、壇からの飛び降りはいったい何なのか。ハタから見ると、ただカッコつけて落ちてるだけのようだが、本人は「羽ばたく新成人」のイメージだという。(J-cast.com 2011.1.13
これ、TV映像でみたが、この市長目が逝っててヤバそう。横で同時手話していた女の人も困った表情浮かべていた。
おまけに壇上から下にダイブまでするとは、DQN新成人も為す術無し。いっそのこと、市職員が会場の外につまみ出していたらもっと話題になって面白かったのに(笑)。

この市長は若者との親近感を訴えたいのだろうが、傍で見てると若者に媚びる姿にしか見えない。単なる目立ちたがり屋で見苦しいだけ。次の選挙で若者票目当てのウケ狙いなのかもしれないが、でも若者は投票行かないからねー。

まあ、出席していた新成人はこれから社会での大変さがわかっただろう。
社会に出るとこんな変な人が上司になるかもしれないとか、こんなんじゃ日本がヤバいとか、却って覚悟ができてよかったかもしれない。

ということで、こんなことで全国に名が知れる阿蘇市が不憫このうえない。
[PR]
by karl.helmut | 2011-01-14 23:53 | News | Comments(0)