ブログトップ
貧相な思考回路
「通りがかりの伊達直人」…バス事故で乗客の受験生を送り届け

15日午前7時20分ごろ、岐阜県高山市国府町宇津江の県道で、路線バスと乗用車が衝突した。けが人はなかったが、バスにはセンター試験会場に向かう高校生3人が乗っており、たまたま現場を通りかかった別の乗用車が試験会場まで無事送り届けたという。バス会社社員は「試験に間に合って安心しました」と話していた。(中略)
高校生は男子2人、女子1人。制服姿を見た指導員がセンター試験受験者だと知り、事故現場を乗用車で通りかかった若い男性に、試験会場まで送ってくれるように依頼した。男性は快く引き受け、高校生3人を会場の県立斐太高校(同市三福寺町)まで乗せていった。男性の名前や連絡先をきいていたバス会社が同日正午ごろ、この男性に電話で連絡をとったところ「午前7時58分に無事会場に送り届けました」と話したという... (Mainichi.jp 2011.1.15
「通りがかりの伊達直人」って ???

その男が虎のマスクを被ってたわけでもないし、
児童養護施設の子供たちを助けたわけでもないし、
伊達直人を名乗ったわけでもないし、
この話のどこを読んでも"伊達直人"と関連性は全くないんですが。。。

なんでもかんでも美談に伊達直人をかこつけるのはやめましょう。

こんなつまらん記事しか書けない毎日新聞はすでに全国紙として死んでいる。
おそらく今年中に会社更生法適用申請して、事実上潰れるだろう。→ 私の予言
[PR]
by karl.helmut | 2011-01-17 23:14 | News | Comments(0)