ブログトップ
まだ大学3年だろ
柏原、富士通入りへ…東洋大の“山の神”が進路決断

箱根駅伝5区で3年連続区間賞を獲得した東洋大の柏原竜二(3年)が12年春の卒業後の進路として、実業団の強豪チーム富士通に絞ったことが5日、分かった。全日本実業団駅伝(通称ニューイヤー駅伝)で上位を占めるトップチームからオファーが殺到する中、同じ福島県出身で尊敬するマラソンランナー藤田敦史(34)から直接、誘いを受けたことなどを理由に富士通を志望。4年生に進級する4月以降に正式決定する... (SportsHochi 2011.2.6
世間では大学生の就職活動の早期化が問題となっていて、経済同友会や日本商工会議所も選考活動開始を4年の夏以降にすべしとか提言している中にありながら、この山の神様のモテモテ度はうらやましい限りです。
先輩の藤田さんも、この青田買いの実績で、まだ当分陸上部においてもらえることでしょう。

でも、やっぱり柏原くんは、箱根登山鉄道に就職するのが一番お似合いです。
[PR]
by karl.helmut | 2011-02-07 21:58 | Others | Comments(0)