ブログトップ
あの騒ぎは一体何だったんだろう?
トヨタ:急加速問題「電子制御、欠陥なし」米運輸省が最終報告

トヨタ自動車の大規模リコール(回収・無償修理)につながった急加速問題について米運輸省は8日、「電子制御システムの欠陥は発見できなかった」とする最終報告をまとめた。電子制御システムと急加速との関連を否定してきたトヨタの主張をほぼ全面的に認めた形で、1年以上に及んだ一連の大規模リコール問題は、収束に向け大きな節目を迎えた。「意図しない急加速」で事故を起こしたとされるケースについて、米道路交通安全局(NHTSA)と米航空宇宙局(NASA)が昨年春から調べていた。報告書は、一連の急加速の原因を「アクセルペダルとフロアマットの機械的な不具合」と断定。さらに、車載のコンピューターの電子回路や28万行以上のプログラムなどを調べた結果、「電子制御の問題は見つからなかった」とした。8日午後、米運輸省で記者会見したラフード運輸長官は「入念な、徹底した調査を実施した結果、トヨタ車の問題は機械的なもので、電気系統の問題ではなかったことが明らかになった」と説明。「娘もトヨタ車を買った」「安全に運転できる」などと、トヨタ車にお墨付きを与えてみせた... (Mainichi.jp 2011.2.9
今回の件でアメリカ運輸省は、NASAとともにトヨタ車の電子回路と28万行以上のプログラムを調査したらしいが、調査に提出した独自技術やプログラムはちゃんと機密保持がされてるのだろうか?
因縁つけられシェアを奪われ、このうえ電子制御システム技術までまんまと盗まれたのではたまったもんじゃない。

ラフード運輸長官は、娘にトヨタ車を勧めたらしいが、個人的なトヨタ車一台ごときの購入でこの騒動を帳消しにしようたってそうはいかない。今回の落とし前は、アメリカの主要省庁とかで100万台ほどプリウスを買うくらいしてもらってもいいくらいのもの。

それと、アメリカでの公聴会でトヨタ車の急加速を証言し、「バックギアに入れたのに160キロまで急加速した」(←ありえないこと)、「トヨタは恥を知れ」とまで糾弾してた糞ババアについては、逆告訴するか、もう一度マスコミの前に引きずり出して謝罪してもらいましょう。
[PR]
by karl.helmut | 2011-02-09 23:28 | News | Comments(1)
Commented by ハセキョー at 2011-02-12 13:42 x
いまさら安全と言っても、トヨタがアメリカに盗まれたハイブリッド制御技術と消費者からの信頼性(安全神話)は二度と戻らない。日米貿易摩擦の頃を見てもわかるように、アメリカは信用できないということを日本人は自覚すべき。