ブログトップ
そのまんま東へ
「ゼロではない」 東国原氏、出馬に含み

前宮崎県知事の東国原英夫氏は15日、4月の東京都知事選出馬の可能性について「先のことは決めていない。まだ白紙の状態。可能性はゼロではない」と含みを持たせた。講演に訪れた山形市で記者団の質問に答えた。決断時期については「熟慮を重ね、自分の気持ちが決まったら申し上げたい」と明言を避けた。同時に「国から地方への権限や財源移譲の受け皿として広域連合の動きがある。地方分権の国家をどこからつくるか。国政か地方か」とも述べ、国政転身もあり得るとの認識を示した... (Sankei.jp 2011.2.15
県外での宮崎の特産品のPR以外、地元でロクな実績も残さず、どげんもできずに投げ出して、ただ権力欲にとりつかれたまま都知事を狙う男。話すたびに「あらゆる可能性を排除しない」とうそぶいているが、出馬が既定路線なのは誰の目にもミエミエ。気持ちはすでに"東へ"行っている。

出るなら出るで、とっとと出馬表明すればよさそうなものだが、結論を引っ張って気を持たせたほうがメディアからの取り上げが増えるのは確かで、こういうところだけは頭が働くようだ。

「先のことは決めていない。まだ白紙の状態。可能性はゼロではない」

「心はすでに都知事選、ヤル気は満々、出馬宣言の様子見です」ということ。

ところで、過去の都知事選で知事経験者が出馬した例が2度あるとのことだが、いずれも惨敗だったらしい。ただこのハゲは、懲りずに今度は次の国政選挙を狙いそうだから手に負えない。

まあ、都知事選については、宮崎と違って賢明な都民はあの青島都政の時代を忘れてはないだろう。

b0024824_2337568.jpgそのまんま東へ

盤種:CD Single,(12cm)
レーベル: Dreamusic
唄:FUNKY MONKEY BABYS
価格:1,050円
[PR]
by karl.helmut | 2011-02-15 23:54 | News | Comments(0)