ブログトップ
菅さん、お得意のパフォーマンスの時です。
福島第1原発事故 放射性物質、栃木や群馬のホウレンソウも

福島県内の原乳や茨城県産の露地栽培のホウレンソウから食品衛生法に基づく暫定規制値を超える放射性ヨウ素が検出された問題で、栃木県と群馬県が20日夜、露地栽培されたホウレンソウなどから放射性物質を検出したことを明らかにした。東京都内に出荷された千葉県産春菊からも放射性ヨウ素を検出。各県は健康への影響を否定しながらも、生産団体などに出荷自粛を求めた。また都は、検査をする地域や品目、出荷規制の対象など統一基準を設けるよう政府に緊急要望した... (Mainichi.jp 2011.3.21
政府が発表しているように、確かに直ちに健康被害が生じるというレベルではないのだろうが、少なくともこれまで検出されなかった放射性物質が検出されたということは、これが今回の福島原発事故に起因していることだけは確かなこと。

福島原発の事故発生後、政府がやってきた対応は、危険な兆候や良くない事実が国民の知るところになると、情報開示はそこそこに「直ちに付近住民や人体に影響、危険が及ぶことではない」と強調するのに終始してきた。もちろん今回のような風評被害は起こしてはならないし、それを批判することもいいが、地震後これまで感じている国民の不安のほとんどは、政府が正確な情報を迅速に伝えていないんじゃないかという不信感が根底にある。政府は、まずは発生した事実は事実としてそれを認めた上で、政府、東電としてどういう対処をしていて、付近住民と国民は何をすべきかという明確なメッセージを発していかなければ、いつまでたっても国民の不安感や不信感は払拭されないだろう。

ところで菅さんは昔、自身が厚生大臣の時に発生したO157の風評被害の際、記者会見の場でカイワレのサラダを食べて安全性をアピールした過去がある。どうせだったら今回も現地に飛んで、ホウレン草とかき菜を食べ、原乳を飲んで、安全性をお得意のパフォーマンスでまたアピールすりゃあいい。
[PR]
by karl.helmut | 2011-03-21 18:00 | News | Comments(0)