ブログトップ
お前が言うな
不信任めぐり神経戦 = 進まぬ復興、深まる対立 - 民主

自民、公明両党が6月上旬にも提出する内閣不信任決議案をめぐり、民主党執行部と同党内の「反菅」勢力が神経戦を繰り広げている。菅直人首相への批判を強める小沢一郎元代表に近い議員らが不信任案への同調を模索。これに対し、岡田克也幹事長ら執行部は、締め付けに躍起だ。「政治家がパフォーマンスをしてはいけない」。小沢氏と同様、政権批判を繰り返す鳩山由紀夫前首相は26日、名指しを避けながらも、首相の福島第1原発事故や東日本大震災からの復興への取り組みを、「パフォーマンス」と断じた... (jiji.com 2011.5.26
鳩山氏 :「政治家がパフォーマンスをしてはいけない」

言ってることは間違ってはないんですが....
人間ここまで自分の過去をキレイさっぱり忘れられるものなんでしょうか?

「マニフェストは単なる公約ではなく国民との契約、出来なければ責任を取る」
「沖縄米軍基地移転先は、最低でも県外に移設します」
「私には腹案がある。それは辺野古移転現行案よりも効果的だ」
「首相たるもの、影響力を(退陣の)その後、行使し過ぎてはいけない」
「私だったら(中国漁船衝突事件)直後に、この問題をどうすべきか中国の温家宝首相と腹を割って話し合えた」

えーっと、これらがパフォーマンスじゃなくって一体何なんでしょう?
[PR]
by karl.helmut | 2011-05-28 23:16 | News | Comments(0)