ブログトップ
辞める辞める詐欺?
首相、いつ辞任? 時期には触れず、民主なお混乱か

菅直人首相が2日、震災対応に一定のめどがついた段階で辞任する意向を表明したのは、内閣不信任決議案に対して民主党内から造反の動きが広がり、退陣に言及しなければ収拾がつかないと判断したためだ。ただ、時期については明言しておらず、小沢一郎元代表のグループは早期退陣を求めていることから、党内の混乱はなお続きそうだ。首相はこの日の党代議士会で「総理という立場の責任をしっかり果たしていかねばならない」と指摘。その上で「私がやるべき一定の役割が果たせた段階」で後進に道を譲る考えを示した... (Asahi.com 2011.6.2
岡田幹事長 「復興基本法と二次補正成立は辞任の条件ではない。お二人の確認文書には辞任の文字はない。」

鳩山元総理 「復興基本法案が成立し、第2次補正予算案の早期編成のめどをつけたときに身を引くことは確認事項だ。人間嘘をついてはいけません。」

菅総理 「フッ、フッ、フッ、オレは"辞める"とは一言も言ってないし、代議士会での発言の中には"原発事故に対して一定のメド"という言葉も加えているぞ。福島原発はそう簡単に収まらない。メドなんてつくもんか、いっそのこと再臨界だ!このまま任期満了まで突っ走ってやる」
「えっ? "若い世代に責任を引き継いでいただきたい"って言葉の意味? あれは復興庁を作って、その長官には若い人になってもらうということ」


そして二次補正のメドがついても7月になっても菅総理は辞めず、鳩山さんがポツリと一言、
鳩山元総理 「私は一体何だったんでしょうか?」
[PR]
by karl.helmut | 2011-06-02 21:30 | News | Comments(0)