ブログトップ
勝てば監督、負ければ選手、嘆く姿は精神論
【楽天】星野監督、全投手に丸刈り指令

楽天星野仙一監督(64)が30日、投手陣に五厘刈り指令を出した。この日、片山博視投手(24)が青々とした頭で登場。「何があったんや…。仏の道にでも入ったのか」と問いただした。「気合を入れ直そうと思って」という左腕に対し「ええやないか」。傍らにいた小山伸一郎投手(33)に「お前もやれ。ピッチャー陣はみんなだな」と命じた。楽天のチーム、関係者には現在、片山を含め超短髪が合計8人いる... (Nikkansports.com 2011.6.30)
私には、星野監督が巷の調査でいつも理想の上司の上位にランキングされることが信じられません。
今の時代には少ない親分肌だから?
怒らなければならない時にちゃんと怒ることができるから?

でも、いやしくもプロの野球人に対して丸刈り指令って何なんでしょう。星野監督お得意の根性論&精神論は、今の時代じゃ立派なパワハラ認定です。この人は、こんな方法でやる気を高められると本当に思ってるから困った人です。

成績不振の責任を部下に押し付け、罰を与え、自分は部下の無能さを嘆く......
これが理想の上司像とは、もう笑っちゃいます。

私は落合もそんなに好きじゃないですが、それでも彼はチームが不振だった時、自分で自身の頭を剃りました。北京五輪前に「金メダルしかいらない」と豪語していて、結果惨敗を喫した時の星野は何か自身でケジメをつけたでしょうか?

結論、今のプロ野球の現場に時代錯誤の星野はいりません。
[PR]
by karl.helmut | 2011-06-30 20:54 | Sports | Comments(0)