ブログトップ
勝っちゃった
日本、ドイツを破り初の4強 = サッカー女子W杯

サッカーの女子ワールドカップ(W杯)ドイツ大会は9日、準々決勝2試合が行われ、日本は3連覇をねらうドイツを延長戦で1-0で破り、初の準決勝進出を決めた。(写真は9日のドイツ戦でゴールを決める日本の丸山=中央)準決勝はオーストラリア-スウェーデンの勝者と当たる... (jiji.com 2011.7.10
南アフリカで岡ちゃんが目標に挙げていた"W杯世界4強"を、あっさり女子が先にやっちゃいました。

大会2連覇中、ランキング上位、絶対的ホーム、過去日本に負けなし、相手のドイツにこれだけの材料が揃ってて、よもや日本が勝つなんて誰が思ってたでしょうか?

かくいう非国民の私は、同時間帯にあったコパアメリカのブラジル戦(vs パラグアイ)のほう見てたんですが、運よく女子の試合が延長戦になったため、ラッキーにも得点シーンはライブで見ることができました。

点取った丸山のシュートも良かったけど、何たってDFの裏に出した澤の絶妙なラストパスが全てでしょう。

それにしても試合後の監督インタビューで、
アナ 「大観衆の完全アウェーの状況での試合だったですが?」
佐々木監督 「我々は中国で(もっとひどいアウェーを)やってますから」


確かにこれが中国だったらスタジアムの外は暴動、試合後数時間は日本選手はスタジアム内に避難させられていたでしょう。その点、さすがは勝った日本をたたえるドイツのファンの態度は立派です。

中国の人たちには、このドイツのファンのように、まず当たり前のホスト国の態度というものをまず学んで欲しいもんです。(余計な世話か.......)
[PR]
by karl.helmut | 2011-07-10 09:33 | Sports | Comments(0)