ブログトップ
国歌を歌うなと言われる国が羨ましいです
メッシに批判 国歌歌わず…同僚は「走れ」

南米選手権で低調スタートのアルゼンチン代表のエース、FWリオネル・メッシ(24 = バルセロナ)が、国中から批判を浴びている。スペイン紙マルカによると、6日のコロンビア戦で先発メンバーでただ1人国歌を歌わなかったとして、国中から批判が起こったという。さらに同僚のブルディソから「この野郎、ラストパスに走れ」と運動量の少なさを批判されるなど、2戦連続ドローの責任を1人背負わされてしまった。(Nikkansports.com 2011.7.10
なぜか代表ではなかなか結果を出せないメッシ。
もしクラブと同じイニエスタ、シャビがいるスペイン代表にいたら、今頃すでにペレ、マラドーナを越えて史上最高の選手の地位を確立していたかもしれません。

それにしても、結果が出なきゃ一挙手一投足にいたるまでが非難の対象になるのは、世界中どこでも一緒。

国歌を歌わなかったって?(その昔、中田ヒデにも同じ批判がありました)
まあ、監督が橋下知事でなくてよかったじゃん。

そして数年後の日本....
日教組推薦の道徳の教材に「メッシ物語」が載ったのでした。
めでたし、めでたし。
[PR]
by karl.helmut | 2011-07-11 21:25 | Sports | Comments(0)