ブログトップ
こりゃ便利になります
今日から各社のケータイ同士でSMSの送受信開始

既報のとおりに(関連記事)、今日7月13日からNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、イー・アクセス(イー・モバイル)の各社間で、SMS(ショートメッセージサービス)の相互接続が開始された。SMS(auではCメールと呼称)は、携帯電話の電話番号を宛先として送信できるテキストメッセージである。送信先の携帯電話がエリア内にいればすぐに届く利便性の高さに加え、標準仕様として盛り込まれたこともあり、世界的には広く利用されている。しかし、日本では同一キャリア同士でしか送受信できず、あまり使われてこなかった。また、日本で一般的な「キャリアメール」とは異なる特徴をいくつか持つので注意が必要だ。文字数は全角最大70文字まで。送受信できるのはテキストのみで、写真の添付などは不可能。送信先の携帯電話が圏外や電源オフの場合でも、最大72時間リトライしてくれる... (ASCII.jp 2011.7.13
タイトルは「今日から」とありますが、13日から、昨日からできるようになっています。

メールの宛先として、一意に持っている電話番号がそのまま使えるようになるということが一番のメリットです。メールアドレスはポータビリティ(移動)が実現できそうもないので、これで相手がMNPしたとしても確実にメールが送れる手段が出来たことになります。

自分は結構SMSを使うので、こりゃ大歓迎です。

料金については送信側/受信側ともにパケット料金が必要なキャリアメールと異なり、送信側にのみ料金がかかる。ただし、この料金はパケット定額とは別枠になるので注意が必要

ふ~ん、そうだったんですねぇ。
キャリアメールも課金は送信者だけにしてもらいたいものです。
[PR]
by karl.helmut | 2011-07-14 23:35 | Others | Comments(0)