ブログトップ
バレンタイン元監督に「世界的にも最高のピッチャー」と言わせた男
ヤンキース元投手、伊良部さんが死亡 米当局が自殺と断定

元米大リーグ・ニューヨークヤンキースの投手、伊良部秀輝さんがカリフォルニア州の自宅で死亡しているのが見つかった。ロサンゼルス郡の捜査当局が28日に明らかにした。捜査当局によると、伊良部さんは27日午後4時20分ごろ、自宅で遺体で発見され、殺人課による捜査と検視の結果、自殺と断定された。伊良部さんは42歳だった... (cnn.co.jp 2011.7.29
日本球界にいた当時から規格外の男だった。150k超の剛速球と140k台の高速フォークにしびれたものだった。

個人的には大リーグで通用するのは(野茂よりも)伊良部だと思っていたし、最も期待して応援していた投手の一人だった。それだけに、ヤンキースを3年で追われて、結局大リーグわずか6年間でさしたるキャリアを残せなかったのは、いまだに残念に思っている。

比類まれな天賦の才能に対して、肝心の主我が追いつかなかったのだろうか。結果論でいえば、ロッテでキャリアを全うして完全燃焼する人生の方が幸せだったのかもしれない。

現役当時からいろいろとお騒がせネタを提供してはいたが、根はいい人だったらしい。ただ、外見は傍若無人そうに見えても、どこか内に溜め込んでそうな感じもしていたので、(彼が)突然自殺したと聞いても何か納得できるような気もしないではない。

きっと、現代の商業化されつくした野球という世界は、伊良部のスケールからしたら小さすぎたのだろう。
[PR]
by karl.helmut | 2011-07-29 20:52 | News | Comments(0)