ブログトップ
さすがは野党
自民・石原幹事長「米同時テロは歴史の必然」

自民党の石原幹事長は10日、青森県弘前市で開かれた同党衆院議員の会合で講演し、2001年9月11日の米同時テロについて、「西洋文明、キリスト教支配に対するイスラム圏の反逆、そして歴史の必然として起こった出来事ではないか」と述べた。石原氏の発言は、米同時テロから10年が経過し、当時の心境を振り返る中で出たものだが、日本人を含め、多数の死傷者を出したテロを「歴史の必然」と表現したことには批判が出そうだ。石原氏は講演後、記者団に「歴史の解釈の持論を述べただけで、テロ行為を肯定したものではない」と釈明した。(YomiuriOnline 2011.9.10
さすがはすっかり野党暮らしが板についてきた石原さん。
世間の注目度が無くなると言いたい放題です。
与党の幹部だったら即辞任問題に波及でしょう。野党でよかったよかった。

辞任した鉢呂さんの発言に対して「そこに暮らしていた人たちはどんなに傷ついたことか」と批判していたわりには、 アンタも立場的に言っちゃいけないことが全然わかってません。

思いのほか野党が楽すぎて気が緩んでしまったのか、それとも与党時代より注目されなくなってふっきれてしまったんでしょうか(笑)。
頼むから少しはまともな言動をして欲しいのですが、今の自民党の谷垣、石原、大島の最低のスリートップ布陣を見てたら、こりゃ民主党を云々言えるレベルじゃありません。

次の総選挙の自民党キャッチコピーは決まりです。
「確かな野党、自民党です」
[PR]
by karl.helmut | 2011-09-10 23:21 | News | Comments(0)