ブログトップ
平時に大停電する国とは
<大規模 停電事態>韓国電力が判断ミス、全国が大混乱

15日午後5時30分、政府果川(クァチョン)庁舎。緊急記者会見を行った知識経済部の鄭載勲(チョン・ジェフン)エネルギー資源室長は「午後に入って電力の需要が突然増えて、電力供給の中断を予告する時間がなかった。電力需要予測を誤った」と頭を下げた。この日、全国的に発生した‘停電大乱’の原因が、政府の需要予測ミスであることを認めたのだ。(中略)
韓電の電力供給中断は午後3時に始まった。午後6時30分現在、停電世帯数は162万戸にのぼった。停電は約5時間後の午後7時56分にひとまず正常化した。局地的な停電ではなく、全国同時多発的なブラックアウト(Blackout、大規模な停電)が発生したのは今回が初めて... (japanese.joins.com 2011.9.16
やっぱ期待にたがわず何かやってくれるねぇ、お隣の国は。
なんてったって、スマートグリッドを輸出しようかって国が全国規模で停電ってところが凄いです。

確か日本の震災直後には、電力問題で韓国へ工場移転を検討の企業もあるとかいう報道もあったけど、こんなんじゃ移転なんか絶対ありえないでしょう。
これがどっかのケータイ会社の社長が絶賛する電力事情の国とは笑わせてくれます。

まぁ、そもそも韓国じゃ、暖房使用で電力消費するということで、冬の方が電力需要が多いらしいし、実際、今年も国が暖房制限令とかを出してたみたいです。
こりゃまたこんどの冬が見ものです。
[PR]
by karl.helmut | 2011-09-16 23:51 | News | Comments(0)