ブログトップ
変わり身の早さ
「未来は選べる」、消えた「Android au」KDDI田中社長が訴えたこと

「KDDIがiPhone5を発売」という報道がメディアを駆け巡ってから週が開けた2011年9月26日、KDDIは秋冬モデル発表会を開催した。同社の田中孝司社長(写真)が、件の報道から初めて公の場に出てくるとあって、会場には多くの報道陣が詰めかけた。(中略)
ここで田中社長は、これからのKDDIが目指す道として「未来は選べる」というキャッチフレーズを紹介する。提供者側の論理をユーザーに押しつけるのではなく、ユーザー自らが幅広い使い方を選べるような環境を用意していく意味だ。「通信事業者の今後は、ユーザーの幅広い要望に応えられるかどうかの1点に尽きる。ユーザーの思いを受け止めて選択肢を用意すれば、業績は後からついてくる」と田中社長は語る... (Nikkei.net 2011.9.26

ほんの最近までは、
b0024824_23172354.jpg

だったのに.......

今は、
b0024824_23182465.jpg


この変わりようは、まさに掌返し。
ユーザに未来を語る前に、自社の未来がよく見えてないようです。

auは、これからiPhoneを販売する準備段階として企業イメージの軌道修正を始めたことが明らかです。嵐のやってたAndroidを全面に出したCMなんかもお蔵入りになるかもしれません。

まあ、なんだかんだ言ってもAppleは商売上手でどこよりも一枚上手ということ。これからも日本のキャリアなんて簡単に掌の上で踊らされ続けるんでしょう。
[PR]
by karl.helmut | 2011-09-27 23:35 | Others | Comments(0)