ブログトップ
去年売っときゃよかったのにね
プロ野球・横浜の売却へ交渉 =「モバゲー」運営会社などと - TBS

プロ野球横浜ベイスターズの親会社である東京放送(TBS)ホールディングスが、球団売却に向けて複数の企業と交渉を行っていることが1日、明らかになった。関係者によると、売却先候補として、携帯電話向けソーシャルゲームサイト「モバゲー」の運営会社、ディー・エヌ・エー(DeNA)などが挙がっている。TBSは横浜球団の筆頭株主で、株式の69.2%を保有(3月末現在)。主力のテレビ事業の不振で広告収入が伸び悩んでおり、年間20億円以上に上る赤字補填(ほてん)が必要とされる球団を持つことが、経営の圧迫要因になっている。昨年秋には、住宅設備最大手の住生活グループとの売却交渉が表面化したが、本拠地移転などをめぐって条件が折り合わず、最終段階で破談した... (jiji.com 2011.10.1
モバゲー運営会社が本当にプロ野球球団経営となるんでしょうか?
確かちょっと前までは、出会い系サイトとかも運営していた会社のはず。
ゲーム人気でモバゲーの知名度はそこそこあっても、DeNAなんて会社名を知ってる人は少ないでしょう。

チーム名は「モバゲーベイスターズ 」ですか?
「球場への入場は無料ですが、一部有料のシートがあります」商法ですか?

どう考えても、これだったら去年交渉していた住生活グループ「LIXIL(リクシル)」に売却してたほうがマシでした。
やっぱり一番の問題は、今の日本の金を持っている企業で、スポーツビジネス、とりわけ野球界に進出してメリットのある企業がどれだけあるかということ。

それなのに、ナベツネらが実質まだ影響を行使しているような旧態依然としたオーナー会議の連中は、この期に及んでまだ虚構のプロ野球ブランドを信じているようで、まったく滑稽です。老害でしかないオーナー連中やNPBのお年寄り達は早くお引き取り願いましょう。
[PR]
by karl.helmut | 2011-10-01 23:48 | Sports | Comments(0)