ブログトップ
ジャニタレ潰し
Sexy Zoneに竹下ら代表色めく…

ジャニーズ事務所の新グループ、Sexy Zoneが20日、東京・台場のフジテレビで、同局系が中継する「ワールドカップバレーボール2011」(11月4日開幕)の会見に出席した。9月末にデビュー会見を行ったばかり。ジャニーズ事務所ではV6、嵐、NEWS、Hey! Say! JUMPらに続く、スペシャルサポーターに就任した。(中略)
これまでスペシャルサポーターが試合前にイメージソングを歌って踊るのが恒例だったが、国際バレーボール連盟のルール変更で、今大会から試合前のパフォーマンスができなくなった。イメージソングに起用されたデビュー曲「Sexy Zone」(11月16日発売)を披露する機会は、中継や番宣番組が中心になる... (NikkanSports.com 2011.10.21
一瞬、記事タイトルの意味が理解できませんでしたが、"Sexy Zone"ってジャニタレのことだったんですねぇ。
男のユニットでありながらこのネーミング。意味不明、センスのなさは相変わらずです。

でもこの記事の肝の部分はここ。

国際バレーボール連盟のルール変更で、今大会から試合前のパフォーマンスができなくなった。

いやーぁ、待ってました。遅すぎるくらいの決定です。
間違いなく、国同士の真剣勝負の前にジャリタレのヘタな歌なんぞ全く必要なし。歌なら国歌斉唱だけで十分です。

こんなコート外のことをルール改正までされて禁止されるとは、明かに日本ピンポイント狙い。よっぽど外国の選手から不評だったんでしょう。

これでようやく見てて恥ずかしい内輪盛り上がりが無くなって清々します。
これを機会に、協会とCXはまともなバレーファンを本気で育てないとねぇ。
[PR]
by karl.helmut | 2011-10-26 23:54 | Sports | Comments(0)