ブログトップ
墨田区クオリティ
スカイツリー開業まで200日、スタッフユニホーム発表

東京スカイツリー(東京都墨田区)が来年5月22日に開業するまで200日となった4日、スタッフが着用するユニホームが発表された。人気ブランド「ミナ ペルホネン」のデザイナー皆川明氏(44)がデザインを担当。スカイツリー側から「日本の伝統と時代の最先端を融合させたコンセプトが合う」と依頼され、初めてユニホームを手掛けた。7職種分あり、誘導係の女性が着用するものは青地にスカイツリーを模した三角形柄のワンピース。清掃スタッフ用は緑色の地に白い水玉を配した上着。皆川氏は「清潔感があり、楽しげであることが重要と考えた」と話した。(SponichiAnnex 2011.11.5
一瞬、大正レトロ路線かと思ったけど違うみたいだし、一般シロートの私には、何が狙いなのか全く理解できません。
大正浪漫崩れというか、下町のパジャマですか? これ。

「日本の伝統と時代の最先端を融合させたコンセプトが合う」

このコンセプト自体がなんか二反背律しているような気がしますが.....
有名デザイナーの感性は常人の及ぶ域ではないんでしょうが、悪評一色だったシドニーオリンピックの開会式での森英恵のレインボーマントをふと思い出してしまいました。

写真を見る限り、比較的見映えがするモデル役が着ても「なんだかなー」って感じなのに、これを一般スタッフが着たらどうなるんでしょう。

たぶん、楠田枝里子が着たら似合いそうです。

b0024824_1254059.jpg
[PR]
by karl.helmut | 2011-11-05 23:38 | Others | Comments(0)