ブログトップ
消化試合 vs 一生に一度の試合
日本、北朝鮮に敗れる = 平壌で、ザック監督初黒星 - サッカーW杯予選

サッカーの日本代表は15日、平壌の金日成競技場でワールドカップ(W杯)ブラジル大会アジア3次予選第5戦に臨み、約5万人の大観衆に後押しされた北朝鮮代表に0-1で敗れた。日本のフル代表が平壌で試合するのは22年ぶりだった。アルベルト・ザッケローニ監督が就任後、初黒星... (jiji.com 2011.11.15
収穫を強いて言えば、使えない選手(栗原、細貝、伊野波)がわかったことと、北朝鮮のイエロー7枚の中、怪我をしなかったこと。あと、やっぱり遠藤の代わりはいないことを再認識したことくらい。
センターバックは、もうそろそろいい加減トゥーリオを呼びましょう。

逆に、レギュラーと控え組の差があり過ぎる点は深刻です。
中盤で全く溜めを作れないし、ハーフナーを入れてもろくなクロスが入らない。なによりも、明らかに気持ちの部分で負けてました。消化試合なので控え組中心でやるのは問題ないんですが、その控え組がレギュラーをとってやろうという闘志が見えないのが残念です。

最終予選への課題は、守備面ではあの単純なロングボール戦術に対応出来なかったこと。今日の試合を見たら、中東勢は縦のロングを放り込んでくるのは目に見えてます。攻撃面ではクロスの精度を上げることと、中盤でプレッシャーかけられたときにいかに溜めを作れるかということでしょうか。

まあ、娯楽のない北朝鮮の人たちには、今回の勝利は一生の思い出になったことでしょう。

栗原くんよ、あんな出来だったら北なら試合後即炭鉱送りですよ。
[PR]
by karl.helmut | 2011-11-16 00:55 | Sports | Comments(0)