ブログトップ
この志の低さ
青木3週間で英語学習挫折

今オフにポスティングシステム(入札制度)を利用して米大リーグに挑戦するヤクルト・青木宣親外野手(29)。練習では、サムライジャパンのメンバーとして出場した2009年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)以来となるメジャー仕様のボールでキャッチボールを行うなど、意欲的に汗を流した青木。滑りやすい球に対応するため、現在よりも皮質の柔らかいグラブで練習するなど準備も着々と進めている。そんな青木には、メジャー挑戦前から再三指摘されてきた不安がある。英語力の問題だ。今シーズン中に、プロゴルファーの石川遼も利用している英語教材を購入し、所有する音楽再生機器に録音して勉強しようとしたが「3週間でやめた。つい邦楽を聴いてしまうんで。あっ、でも3週間やったから。三日坊主ではないですから」と挫折... (Tokyo-sports.co.jp 2011.11.18
おいおい、3億3千万も年俸もらってる選手がCD教材で英語勉強ですか?
金持ってるんだから、個人家庭教師雇ってマンツーマンでやるだろ、フツー。

それに大リーグ挑戦の記者会見の時、「大学4年時に日米大学野球で渡米して以来、メジャー挑戦を心に秘めていた。」って確か言ってたはず。
そんな人間が今から本格的に英語って何なんですか?
メジャー志向の選手って何年か前から勉強してるもんじゃねーの?
この程度の志だったら、もう結果は自ずから見えてます。

まっ、もっとも今年の成績だったら、ポスティングで入札してくれる球団があるかどうかを心配したほうがいいですね。
[PR]
by karl.helmut | 2011-11-18 23:57 | Sports | Comments(0)