ブログトップ
恫喝お断りします
慰安婦は平行線 = 大統領「障害」、決着済みと首相 - 未来志向で一致・日韓首脳

野田佳彦首相は18日、京都市の京都迎賓館で韓国の李明博大統領と約1時間会談した。大統領は旧日本軍の従軍慰安婦問題について「両国関係の障害」と指摘、「優先的に解決する真摯(しんし)な勇気を持たなければならない」と、政府間協議を迫った。首相は「わが国の法的立場は決まっている。決着済みだ」と強調、議論は平行線に終わった。未来志向の関係構築に努めることでは一致した。(中略)
首相は、ソウルの日本大使館前に元慰安婦を象徴する少女像が設置されたことに言及し、「誠に残念だ」として早期撤去を要請。しかし、韓国側の説明によると、大統領は「日本政府がもう少し(慰安婦問題に)関心を示せば起こらなかった。誠意ある措置がなければ第2、第3の像が建つ」と、撤去に応じない考えを示した... (jiji.com 2011.12.18
誠意ある措置がなければ第2、第3の像が建つ

誠意ある措置がなければ ⇒ 金ださなければ
第2、第3の像が建つ ⇒ もっと嫌がらせする

いつもながらの(品のない)アノ国の人らしい物言いです。

まあ、さながら兵馬俑みたいにどんどん好きに作ってください。
そのうち気が付いたらAKB48のように100体超えたりして。。。(笑)

お返しに、5兆円の日韓通貨スワップ協定は今すぐ破棄しましょ。
[PR]
by karl.helmut | 2011-12-18 21:58 | News | Comments(0)