ブログトップ
暇な主婦の観光名所です
「タニタ食堂」整理券午前11時に完売 オープン1週間でも「食べられない」異常人気

2012年1月11日にオープンした「丸の内タニタ食堂」(東京都千代田区)の人気がいまだに過熱気味だ。整理券が約2時間で「完売」、それを知らずに遠方から来た客が入れず立ち往生するなど、ちょっとした「騒動」になっている。「丸の内タニタ食堂」は、健康機器メーカー「タニタ」が開店したヘルシーメニューを提供するレストランだ。1食500kcal前後という同社食堂の定食を紹介したレシピ本が、シリーズ累計436万部を突破するなど、以前から「ヘルシーランチのタニタ」としてマスコミによく登場していた。レストランでは、「日替わり定食」(800円)、「週替わり定食」(900円)など、社食同様500kcalのランチを実際に楽しめ、オープン時には大きな話題となっていた... (j-castnews 2012.1.16
ニュース映像で見たけど、あの質素さで値段が800円と900円はちょっと高いねぇ。まあ、丸の内の一等地にあるから半分は場所代なんでしょうけど。

それより、これを食べに来ているのが付近のサラリーマンやOLよりも、わざわざやってくる主婦や一般人のほうが多いってことなんですが.....
アンタらねぇ、暇と時間はあるんだから、レシピ本見て自分で作れよ。

「糖尿病の主人のために、ちょっと食べてみようと思って来ました。」

おいおい、主人を連れてきて食べさせるんじゃなくてお前が食べるのかよ。
やっぱ、専業主婦は最強の生き物です。

まあ、健康ブームに乗ってレシピ本に止まらず、レストランビジネスに結び付けるタニタは賢い。これ、次は絶対にどっかのコンビニがタニタとのコラボ弁当を出しそう。
[PR]
by karl.helmut | 2012-01-16 23:11 | News | Comments(0)