ブログトップ
一本線が消えた
日本代表“羽ばたく八咫烏”新ユニホーム発表

日本サッカー協会とアディダス・ジャパン社は25日、日本代表のアウェー用新ユニホームを発表。翼を大きく広げて飛び立とうとする八咫烏(やたがらす、三本足のカラスで日本協会のエンブレムに使用)を前面に、毛筆タッチでプリント。首元には「all win for japan」(日本の勝利のためにすべてをかけろ)の文字が刻まれている。(Sanspo.com 2012.1.26
b0024824_104090.jpg例の悪評だらけのホーム用ユニフォームに続いてアウェイ用のユニフォームの発表です。

一見して、「おっ、シンプルでいいじゃん」と思う反面、「あのホーム用でこだわってた"結束の一本線"はどこにいったんだ」と思わず突っ込みたくなります。

....で、よく見ると、なんか変なシミのような汚れのような。と思ったら、正面に三本脚のカラス(ヤタガラス)が透けて見えるじゃないですか。

見た目普通すぎるし、カラスの図柄入りもビミョーなんだけど、あのホーム用があまりにもダサすぎた反動で意外に好評かもしれません。

一体、あの一本線とはなんだったんでしょうか???
[PR]
by karl.helmut | 2012-01-27 23:50 | Sports | Comments(0)