ブログトップ
安っぽい名前になりました
電子マネーEdyがサービス名変更「楽天Edy」に

電子マネー「EDY」を運営するビットワレットは2月1日、Edyのサービス名称を「楽天Edy」に変更すると発表した。社名も、ビットワレット株式会社から「楽天Edy株式会社」に変更する。サービス名、社名ともに変更は6月1日から。サービス名称の変更に伴ってロゴも変わるが、しばらくの間ロゴは新旧両方を併用するという。ビットワレットは2010年1月から楽天グループの子会社となっており、現在は楽天が85%、ドコモが5%、ソニーが5%、ANAが2%の株を保有している。サービス名称変更後も、ポイント・マイルプログラム、加盟店での利用環境など、現在提供している各種サービスは従来通り利用できる... (ITMedia 2012.2.1
b0024824_213434100.jpg

なんかがっかりするニュースです。
これって、イーバンクの二の舞にならないことだけを願うばかりです。イーバンクは、楽天銀行になってから手数料は増えるわ、それまでのほとんどのサービスは改悪されるわで、利用頻度は激減してしまいました。

それにしても、相変わらず三木谷さんの自己顕示欲の強さは異常です。Edyはなんだかんだ言ってもスマートなイメージがあったのに、電子マネーの名前に企業名をそのまま付けるなんて品がなさすぎます。普通のブランドや名称も、楽天という名前が付いた途端に胡散臭さ200%アップです。

今の資本比率でダントツな出資はわかるのですが、ここまで広がってきた経緯から見てもEdyは楽天だけの物ではないし、こういう改変は利用者の反発を招くだけだということが分かってない。おまけに新ロゴもダサいし。。。

自分はEdyはANAのマイレージ獲得目的で今もメインで使っていますが、最近はコンビニでもSuicaの使えるところが広がってきてるんで、今後の展開次第ではSuicaに傾倒していくかもしれません。

楽天が全面に出てきた時点でEdyは終わったような気がします。
[PR]
by karl.helmut | 2012-02-01 22:27 | News | Comments(0)