ブログトップ
見事な税金の無駄遣い
自殺対策強化月間:「GKB47」のキャッチフレーズ撤回

岡田克也副総理は7日の記者会見で、内閣府が3月に行う自殺対策強化月間のキャッチフレーズ「あなたもGKB47宣言!」が自殺対策に取り組む民間団体から「不謹慎」と批判されているのを受け、撤回すると表明した。税と社会保障の一体改革に理解を得るため、政府の歳出削減に力を入れている岡田氏だが、印刷済みだったポスター25万枚を回収・廃棄して新たな標語に差し替えるため、約300万円の無駄が出る結果になった... (Mainichi.jp 2012.2.7
「GKB47」と言われても、わかるのは何となくAKB48をもじっているということくらいで、略称から正式名称を連想できるわけでもなく、仮にその正式名称を聞いたとしてもさっぱり意味が分かりません。いっそのこと本家のパロディで「AKB47」とかして、「自殺で一人減りました」とかしとけば、まだ意図も伝わるというもんなんですが。

そもそも、一目見て文意がわからなきゃ標語ポスターの意味はなしてません。コンペでどこぞの広告代理店が作ったのかもしれませんが、霞が関官僚のセンスってこの程度のもんです。

新たな標語は奇をてらわず「あなたもゲートキーパー宣言!」とする。

最初からAKB48の誰かを使って(使わなくてもいいか..)、フツーにこんなフレーズにしとけば何も問題はなかったのに。。。

今回のポスター作りなおしで、担当者が自殺とかしたらそれこそ綺麗なオチになっちゃいます。
[PR]
by karl.helmut | 2012-02-07 22:55 | News | Comments(0)