ブログトップ
俺らは逃げ切る、キミらは知らん
年金どうなるの?小学5年生の質問に総務相恐縮

政府主催の社会保障・税一体改革の対話集会が17日、全国2会場で開かれた。このうち、川端総務相が出席した松山市の集会では、小学校5年生の参加者が「僕が大人になって、年金などの問題で世の中やっていけるのか」と質問。川端氏は恐縮した表情で「小学5年生にそういうことを心配させているのは大変申し訳ない。深刻に受け止めたい」と応じた。(Yomiuri.Online 2012.3.18
「小学5年生にそういうことを心配させているのは大変申し訳ない。
深刻に受け止めたい」


まったく答えになってません。
なんなんでしょう、この(まったく切実さが伝わらない)感想みたいな回答は。

小学生 「僕が大人になって、年金などの問題で世の中やっていけるのか」
川端総務相 「君たちが大人になった頃は制度はやっていけない。君たちにはもう未来はないんだ。すまない。」


小学校5年生が年金を気にする時代もどうか?って思うけど、川端さんのような逃げ切り世代に突っ込んでも時間のムダ、意味ないです。
[PR]
by karl.helmut | 2012-03-18 19:55 | News | Comments(0)