ブログトップ
例えが解らん
首相「TPPはビートルズ」 = 参加の意義、独自解釈で説明

「環太平洋連携協定(TPP)はビートルズだ」。野田佳彦首相は24日の都内での講演で、TPP交渉参加を検討している日本の立場を、英人気ロックバンドのメンバーに例えて説明、政府の方針に理解を求めた。首相は「日本はポール・マッカートニーだ。ポールのいないビートルズはあり得ない」と強調。その上で「米国はジョン・レノンだ。この2人がきちっとハーモニーしなければいけない」と述べ、日本の交渉参加への決意を重ねて示した。(jiji.com 2012.3.24
もっと他の解りやすい例えがあるでしょうに。
例えが解りにきーよ。

野田首相「日本はポール・マッカートニーだ。米国はジョン・レノンだ」

そこにオノヨーコの中国が入ってきて、TPPをめちゃめちゃにします。

ところで野田さんって、ビートルズ解散はポールによる脱退表明が引きがねって知ってんのかな。
[PR]
by karl.helmut | 2012-03-24 23:23 | Others | Comments(0)