ブログトップ
貧乏人にはサービス無用
大胆なスカイマーク「苦情受け付けない」「丁寧な言葉遣い義務付けなし」

「機内での苦情は一切受け付けません」「客室乗務員に丁寧な言葉遣いを義務付けておりません」- 。航空会社のスカイマークが搭乗客に対して、サービスの簡略化などへの理解を求める内容の文書を、5月中旬から機内に備え付け始めた。1998年に運航を始めたスカイマークは、低価格を武器に事業を展開。最近参入が相次ぐ格安航空会社(LCC)に対抗するため、経費削減を進めているとされる。コストカットによるサービス簡素化に伴い増加も予想される顧客の苦情に、先手を打つような同社の措置は論議を呼びそうだ... (Sanspo.com 2012.5.31
格安LCCに対抗って、別に丁寧な言葉遣いしたってそれに特別金が掛かるわけでもないのに、この施策って一体何なんでしょう?

この手のものが、一定のサービスは当たり前になっている日本で受け入れられるとは到底思わないんですが。。。一体、スカイマークはどこへ向かうのでしょうか?

機長:「おっす。あー、俺は機長だ。格安便に乗った貧乏人どもよ、この飛行機はこれから伊丹空港に向かう。到着時間は自分で考えろ。途中気流が悪いかもしれんがせいぜい注意しておけ。それから、到着するまで何があっても苦情は一切受けつけない。わかったか」

CA:「そこのカス、さっさと席に座りな、周りに迷惑だろ。えっ、座席がわからない? 搭乗券にちゃんと書いてあるだろ。なにモタモタしてんだよ、離陸するから早くベルトしろって言ってるのがわからんのか、この貧乏人。」


CAに強い口調で怒られるのは、一部のM嗜好の人には好評となるかもしれません。
[PR]
by karl.helmut | 2012-05-31 22:35 | News | Comments(0)